日本語教師養成学校に行ってみよう

  • 日本語教師養成講座の選び方

    • 日本語教師として働きたいと思っているのであれば養成講座を利用することをおすすめします。

      日本語教師の養成情報が満載です。

      日本語教師養成講座の選び方の一つとして、420時間養成講座を実施しているところを選ぶようにしましょう。日本国内にある日本語学校で日本語教師として働く場合、学校は講師の描くと提出する必要があります。そのため、キャリアがあったとしても、資格が中途半端では新たに採用されにくくなってしまいます。

      そして、どのような指導方法であるのかを確認することも大切です。



      養成講座の中には、オリジナルテキストを用いているところもありますが、オリジナルテキストでは日本語学校の指導に適していない、融通がきかない場合もあります。

      日本語学校で働かないもしくは海外の学校で働くという場合は別ですが、日本国内の学校で働きたいと思っている場合には、テキストや指導方法を確認することは必須と言えます。これまで一度も教壇に立ったことがない人が、いきなり複数の人を前に指導をするのは簡単なことではありません。
      そのため、実際の現場に立つ前に、教育実習や模擬授業を行う機会が多いところを選びましょう、養成講座を受講する時には、卒業後の進路もしっかりと考えておきましょう。

      日本国内で働くという場合と海外で働くという場合では、適している講座に違いがあります。


      最初から一つに決めずにいくつかの講座を比較検討をすることが重要です。



      実際に受講した人の口コミなどを参考にしても良いでしょう。

top