合宿免許で大型免許の取得を目指したほうが良い理由

トラックやバスの運転手を目指す場合に不可欠なのは大型免許の取得です。2007年6月に実施された道路交通法の改正により、大型免許で運転できる車両の範囲が現行のものとなりましたが、このとき一緒に大型免許の取得要件の厳格化も行われました。

合宿免許には大型向けのプランもあります。

改正後は運転免許試験場で直接受験する、いわゆる一発試験での大型免許取得は事実上不可能となっており、指定自動車教習所で教習を受けて免許を取得するのが最短かつ唯一の取得方法となっています。



指定自動車教習所で免許を取得する方法には大きく、通学免許と合宿免許の2種類がありますが、大型免許の取得を目指す場合は合宿免許を選択する方が特に良いといわれています。

大型免許の技能教習では通常、トラックが使用されますが、総重量が11トン以上の大型トラックを常備している教習所は少ないのが現状です。

これは、1箇所の教習所に大型免許取得を目指す人が集まりやすいことを意味しています。
通学免許の場合、教習のスケジュールは自分自身で立てられますが、その時受けている教習内容や他の人のスケジュールによっては技能教習の予約がとれないことがしばしばあります。

通学免許を選択すると、大型免許取得までに何ヶ月もかかることは珍しくありません。

一方、合宿免許を選択すると、教習所が最短日数で卒業することを前提にスケジュールを組むため、予約に関して心配する必要はなく、集中して免許取得に取り組むことができます。
合宿免許を選択すると、最短で9日間で大型免許を取得することができるので、早く大型免許を取得してしまいたいのであれば通学免許ではなくこちらを選択すると良いでしょう。




Copyright (C) 2016 合宿免許で大型免許の取得を目指したほうが良い理由 All Rights Reserved.